■ 遺言を作っておくべき人っているんです!

これから遺言についてご説明していきますが,次のようなケースに当てはまる場合,その方は遺言書を作成しておくべきです。

  
子供がいないご夫婦の場合 
 
 
単身の方が,財産の最終的な処分を自由に決めたい場合 
 ■ 再婚や養子縁組で親族関係が複雑になっている場合
 ■ 相続人間で遺産分割協議をするのが難しいと思われる場合
 ■ お嫁さんやお孫さん,内縁の配偶者にも相続させたい場合
 ■ 個人で事業や農業を経営されている場合
 ■ 家族の状況に応じて財産を相続させたい場合
 
■ 親族が誰もいない場合

これらのケースに当てはまる場合,どうして遺言書を作成しておくべきなの
か,以下で詳しく見ていきたいと思います。





                                                                              
                           札幌の相続・遺言専門行政書士事務所