■ 秘密証書遺言

この遺言は,自筆証書遺言と公正証書遺言のちょうど中間に位置するといったところです。遺言書に遺言者が署名押印し,封筒に入れて印鑑で封印します。それを公証人に提出して,日付等を封筒に記載してもらい,遺言者,公証人等が署名押印して完成です。

署名押印以外の遺言書の内容は,ワープロ作成でもコピーでも構わないので,その部分は公正証書遺言に近いです。ただし,原本を公証役場で保管することはありませんので,自筆証書遺言と同じ保管の危険性は拭えません。   

結局,公証人に担当してもらわなければならない部分もあるわけですから,中途半端な遺言を作成するよりは,よりリスクの少ない公正証書遺言の作成をお勧めいたします。